す き な も の *

 

  これが あったら 

 にしゃにしゃ しちゃうよ。

 

 

    《 Aladdin 》の 石油スト– ブ。

 

  いつもおせわになっている Signal でも

  アンティークの Aladdinスト-ブが いつも あたたかく むかえてくれます *

 

  素敵な 空間。

 ストーブの いいにおい。 冬の 空気。

 ごはんが炊ける におい。 りんごが焼ける いい におい。

 

どれもみんな めを瞑って ひとしきり 感じたくなる。

 

 すこしだって  のこさないように、

 

 ひとりじめしちゃう。

 

 

 きのう ちょうど 

 京都へ あそびにいってきました。

 

 木々が かすかに さわいで

 いちまい またいちまい と 落ちてゆく様を

  ゆっくりと 感じた夜。

 

 みんなで わらったね、 京都のカフェ 《 time piece cafe 》にて。

 

 

    いちばん すきだったのが  お手洗いのお部屋。

 

 お家たてたら ぜったい こうするんだ! といわんばかりの わくわく。

 パレットのような色の壁って あこがれる。

 

 

 

  こんどはもっと

 時間があったらいいな– 、 

   こうやって ひろがってく輪を  

  うちは 大切にしたい、

 

 

          どこかに また

        つながってる 仲間がいる。

 

 

  これを 偶然にもみてくれたひと とも

  偶然じゃない。 必然な出逢いなんだとしんじてる *

 

  京都へ行く日の 朝焼けは

 ひときわ きれいだった。

 

                   Lie *